【月別調べ】部屋探しに良い時期って?探し始めるベストなタイミングを徹底解説!

引っ越しのベストなタイミングはあるの?

みなさんは、引っ越しを何度経験していますか?

新入生として、新社会人として新生活をスタートさせるとき、転勤や転職、結婚などが引っ越しのきっかけという人も多いと思います。新生活をスタートさせる人が多い時期、特に、3月後半は引っ越し繁忙期と言われています。混むうえに、引っ越し料金も割高になるなど聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

引っ越し時期を選べるなら、引っ越しのベストなタイミングを知っておきたい!と思いますよね。引っ越しの時期を選ぶことで、家賃や初期費用、引っ越し料金などにかかる費用などにも影響が出てくる場合もあります。

ここでは、知っておくと便利な引っ越しのベストなタイミングをご紹介します。

▶ 実は狙い目!!5月の引っ越しがオススメな4つの理由

引っ越しシーズンのピークは?

新生活をスタートさせる人が多い時期、3月後半から4月前半が引っ越しのピーク
この時期は、引っ越し料金が高いだけではなく、引っ越し業者の予約を取るのも大変!という時期になっています。

業者にとっては書き入れ時なので、多少料金を高く設定していても、予約でいっぱいのうれしい状況。

利用者にとっては、損な時期?避けたい時期?と思いがちですが、引っ越しが多いということは、物件数も多く出回るということなので、部屋探しをする方にとっては、自分の好みに近いものを選べる時期でもあるのです。

また、引っ越し業者の予約もかなり取りづらくなるので、ピーク時の引っ越しは日付指定などが希望通りにいかないことも多くあります。繁忙期には人手を増やして、引っ越し用の車も増やすなど、対策を取っている業者さんも多いのですが、追いついていないというのが現実のようです。

引っ越しの時期を選ぶことができるなら

引っ越し
もし、引っ越しの時期を選ぶことができるのであれば、安い時期、おトクな時期、混雑しない時期、天気がいい時期など、自分の希望に合わせて状況を選ぶことができますよね。

そうなれば、物件探しも引っ越しも楽しめるというもの。

では、引っ越し時期を選ぶことができるなら、どの時期が一番おすすめなのでしょうか。

年間の引っ越しサイクルは?

不動産屋の窓口などで、「この時期は混んでいるんですよね」「今は比較的空いていておすすめです」などといった会話を交わしたことがある方もいらっしゃると思います。

年間を通じて、引っ越し状況はどのようになっているのか、月別で見ていきましょう。

▼▼お部屋探しなら、チャットで簡単iettyに登録!▼▼
フリーレントバナー-01
【1月】

SONY DSC
新しい年が明けると不動産屋さんは繁忙期に入ってくると言われています。年末に早めに大学や高校、就職などで新しい生活をスタートさせることが決まった人が、部屋探し第一陣です。

新築物件などは新生活に合わせて募集を開始することも多いので、早めにいい物件をゲットしたい人にはおすすめです。

ただし、家賃交渉などはなかなかしにくい時期でもあります。不動産屋さんが3月の繁忙期までいい物件をそのまま持っていて、家賃を下げることなく紹介できる時期を待ってからでもいい物件は借り手がつくという自信があるからです。

【2月】

3月の引っ越しを目指して本腰を入れて探す人が多くなってきます。物件数は多く出ているのですが、部屋が空くと、すぐにまた次の住人が決まるという感じで、空いては入りを繰り返すことになります。不動産屋の繁忙期になるため、ゆっくり対応をしてもらいにくい時期でもあります。

【3月】

上旬からピークになり、3月後半には物件数もかなり少なくなってしまい、希望に合うものが見つけづらくなります。不動産屋と仲良くなって、根気よく物件を探しましょう。
物件が少ないうえに、引っ越し料金がまだまだ高いのもこの時期です。

【4月】

smiling couple relaxing on sofa in new home
4月後半になってくると新生活をはじめる人の引っ越しは一段落。ここから増えてくるのは、結婚などを期に引っ越しを検討している人たち。6月はジューンブライド、3月、4月、5月は結婚式に最適の季節でもあるので、新婚さん向けの2DKタイプなどの部屋がたくさん出てきます。ファミリータイプのお部屋を探している人は、この時期から探し始めるのも良いかもしれません。

【5月】

ゴールデンウィークの休みを利用して引っ越しをする人もいます。
3月~4月の混雑を避けて、少し遅れて新生活をはじめよう!という人はこの辺りに動き始めます。混雑が少ないので、ゆっくり物件を見て回る余裕も出てきますね。祝祭日でも3月の土日などに比べれば引っ越し料金もリーズナブルなところが多いのが特徴です。

詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

▶ 実は狙い目!!5月の引っ越しがオススメな4つの理由

【6月】

つゆ引っ越し
この時期は混雑もしませんが、おすすめもできません。
やはり天気が良くないと物件探しもいろいろと面倒に感じるうえに、いざ、引っ越しとなっても雨の中荷物を運ぶのは大変ですよね。そういった点が気にならない!という方は、引っ越し料金は安い時期ですし、不動産屋さんもかなり空いている時期なので良いかもしれません。
ただし、物件はそれほど豊富には揃っていない時期でもあります。

【7月】

空いている時期です。梅雨が明けて暑くなっていく時期、不動産屋も引っ越し業者も一番暇な時期になります。物件数も少ないですが、空いているからこそ、時間をかけて相談などにものってくれるので、物件数は少ないけれど、掘り出し物の物件にも出会えるかもしれません。

【8月】

暑くて動かない人が多いので、7月に引き続き、8月も引っ越しが少ない時期と言えます。
この時期に引っ越しをしないくても、混んでいるときにはなかなか聞くことができない情報収集に、不動産屋に足を運んでみるのもいいかもしれません。「もうすぐ空く予定なのですが…」というような、まだ表に出ていない情報を入手できるかもしれません。

【9月】

紅葉
暑さが去っていくこの時期、転勤シーズンになるので、今度は企業が動きはじめます。
また、秋の結婚式シーズンも到来!またまたファミリー物件が多く動く時期になります。ただし、混雑はそれほどないので、ゆっくり良い物件を探すチャンスです。

【10月】

秋の転勤や結婚のシーズンに合わせてなのか、10月完成物件!という物件が多く出てきます。
新築にこだわりがある人はチェックしておくといいかもしれません。不動産屋も少しずつ混み始めてきますが、物件数も多く出回り始めます。

【11月】

引っ越しシーズンの春と秋のちょうど間にあるこの時期。実は意外と狙い目です!
物件は秋の残り物、春の準備で意外に多くあるのです。その上、引っ越し料金もピークの間なので、安く済ませるじことができます。季節的にも部屋探しも引っ越しも快適にできる時期です。

【12月】

推薦入試などで早めに進路が決まった学生は、年明けからの混雑を避けるためにこの時期から部屋探しを始める傾向にあります。なので、少し混んでいる印象もありますが、年末に引っ越しをする人は少ないので、意外と狙い目です。
引っ越し料金も年末年始を除けばかなりリーズナブルです。

▼▼お部屋探しなら、チャットで簡単iettyに登録!▼▼
フリーレントバナー-01

効率的に引っ越しをするには

引っ越し時期を選べるのであれば、物件数をベースに考えた場合の部屋探しのおすすめ時期は、1月、2月、3月、9月です。1~3月は混雑と重なるので、物件数が多くて混雑を避けられる『9月』が一番良い時期かもしれません。

逆に部屋探しの時期にあまりおすすめできないのは7月、8月、12月
不動産屋がひまな時期になるので、気合が入っていない状況にあります。ですが、部屋探しをする人が少ない時期だからこそ、掘り出し物が見つかる時期でもあり、また大家さんもやっと来た入居希望者!ということで、7月、8月は家賃交渉がしやすくなるというメリットがあります。

家賃の二重払いを回避!

家賃
現在、賃貸物件に住んでいる人は、契約の時期によっては、入居中の物件と新居の物件、両方の家賃が発生してしまうことがあります。
二重払いの期間を短くするためのポイントは、下記点になります。

1:フリーレント物件を探す
2:入居可能日が選べる物件を選ぶ
3:新居の家賃発生日を解約日に合わせられるよう交渉する

引っ越しはどうしてもお金がかかってしまうものです。節約できるところは見落とさないようにしていきたいものですよね。

まとめ

引っ越しのタイミングは、転勤・転職や新築物件の完成日など、最近では年間を通してそれほど顕著な差が出なくなってきたとも言われてていますが、1年を通してみるとまだまだ今回ご紹介したように波があるものです。

今回は、おすすめ時期をご紹介しましたが、一番のポイントは、自分の希望です。この時期物件が多く出回っているから、引っ越し料金が安いからなどをベースに引っ越しを決めてしまっては本末転倒です。

引っ越したい時期、希望する物件など、しっかりと自分の求めるものをまとめて、その上で、ベストなタイミングと照らし合わせて、悔いのない引っ越しをするようにしたいものですね。

▼▼お部屋探しなら、チャットで簡単iettyに登録!▼▼
フリーレントバナー-01