【冬の乾燥対策】女性必見!一人暮らしで部屋の乾燥を防ぐ簡単な3つのポイント

乾燥しやすい冬の季節の対策できていますか!?

朝起きると顔がパサパサ。のどがイガイガ。手はカサカサ。そんな経験はありませんか?

冬はただでさえ乾燥するのに、エアコンなどの暖房器具をつけることでさらに乾燥するのです。かといって、寒いと健康にも影響がでるので難しいですよね。

そこで今回は、簡単にできる乾燥対策を3つご紹介します。

お金をかけないで乾燥を防ぐ方法


一番簡単な方法は、タオルなどを部屋干しすること。
匂いが気になる衣類は別のところで干すとして、部屋干しでも問題なさそうな物を自分のいる部屋に干しておくのも乾燥対策になります。

もちろん乾燥対策用にタオルを用意してもいいです。

部屋干しすると意外に早く乾くので、急いで乾かしたい衣類などを干してもいいですね。

特に、寝る時にエアコンをつける人は、1枚では足りないので2~3枚用意したり、コップに水を入れて枕元に置いておくのも効果があります。

ほんの一手間で乾燥を防ぐ方法


手や足のカサカサが気になる人は、クリームをつけたりするのはもちろんですが、夏場と同じようにつけるのではなく、少し多めにしっかりクリームなどを塗って、冬場はいつもより丁寧にお肌ケアをするのが大切です。

手袋や靴下などを身に着けるとさらに、効果アップ

保湿効果だけでなく体の末端を冷やさないようにすることもできるので、血行を良くして体のデトックス作用を促す働きも期待できます。

慣れないと煩わしいこともあるかもしれませんが、一回慣れると朝のカサカサがなくなったり、手足の暖かい感覚が心地よく感じるようになると思います。

お引越しなら、チャット接客型不動産屋さんのiettyにお任せ!仲介手数料は50%OFF!

こんなやり方もある!?意外な乾燥を防ぐ方法


乾燥の気になる部屋に、水を置いておくだけでも乾燥を防げるので、加湿器でなくてもいいのです。

例えば水槽なんてどうでしょうか?
熱帯魚などのアクアリウムに興味があれば水槽を寝室やリビングに置いておくのも効果があります。

他にも水やりが必要な植物なども効果があります。
とにかく部屋の中に水気のあるものを用意すると乾燥を防げるのです。

もちろん魚も植物も毎日のお世話が欠かせませんが、癒し効果もあるのでとってもおすすめ。

部屋のアクセントにもなる上、加湿もしてくれるので一石二鳥です!
ちょっとハードルが高いかもしれませんが、やってみようという方はいろいろ調べて実践してみてくださいね。

乾燥対策をして、冬を乗り越えよう

今回ご紹介した方法を見ると、乾燥対策には主に2つの方法があることが分かります。

1つはお部屋の湿度を保つ方法。もう1つは自分の体から水分が逃げないようにする方法。

乾燥の気になる部屋が特定できる場合や、家の部屋数が多くない場合は、湿度を保つようにすればよいのですが、暖房器具をずっと使用していたり、部屋が広く湿度の調整が難しい場合は、自分の保湿ケアで乾燥を防ぐようにしましょう。

自分に合った乾燥対策を見つけて、この冬を乗り切りましょう!

お引越しなら、チャット接客型不動産屋さんのiettyにお任せ!仲介手数料は50%OFF!

▼関連記事▼

女性がはじめて一人暮らしをするならココがおすすめ!東京の治安のいい区ベスト10

【聞いてみた】20~30代・首都圏一人暮らし女性が賃貸物件の内覧時に最も気にするのは◯◯だった!

【一人暮らしの女性はチェック】東京で暮らす女性のための賃貸物件の選び方ポイント6つ

 

あなたにぴったりなお部屋
iettyで見つけよう!

iettyを使うと

\ お引越し予定日61日前まで /

人工知能からの提案

あなたの希望条件に合った物件をAIが見つけ出します。 本格的な検討段階までに、希望条件や相場観を固めましょう。

人工知能からの提案

\ お引越しまで60日を切ったら /

経験豊富な営業マンからの提案

AIの提案に加えて、不動産のプロがご提案します。気に入ったお部屋を内見に行きましょう。

お部屋探しのプロからの提案

ご利用無料!さらに仲介手数料50%OFF

【冬の乾燥対策】女性必見!一人暮らしで部屋の乾燥を防ぐ簡単な3つのポイント

乾燥しやすい冬の季節の対策できていますか!? 朝起きると顔がパサパサ。のどがイガイガ。手はカサカサ。そんな経験はありませんか? 冬はただでさえ乾燥するのに、エアコンなどの暖房器具をつけることでさらに乾燥するのです。かといって、寒いと健康にも影響がでるので難しいですよね。 そこで今回は、簡単にできる乾燥対策を3つご紹介します。

お金をかけないで乾燥を防ぐ方法

taoru 一番簡単な方法は、タオルなどを部屋干しすること。 匂いが気になる衣類は別のところで干すとして、部屋干しでも問題なさそうな物を自分のいる部屋に干しておくのも乾燥対策になります。 もちろん乾燥対策用にタオルを用意してもいいです。 部屋干しすると意外に早く乾くので、急いで乾かしたい衣類などを干してもいいですね。 特に、寝る時にエアコンをつける人は、1枚では足りないので2~3枚用意したり、コップに水を入れて枕元に置いておくのも効果があります。

ほんの一手間で乾燥を防ぐ方法

tebukuro 手や足のカサカサが気になる人は、クリームをつけたりするのはもちろんですが、夏場と同じようにつけるのではなく、少し多めにしっかりクリームなどを塗って、冬場はいつもより丁寧にお肌ケアをするのが大切です。 手袋や靴下などを身に着けるとさらに、効果アップ! 保湿効果だけでなく体の末端を冷やさないようにすることもできるので、血行を良くして体のデトックス作用を促す働きも期待できます。 慣れないと煩わしいこともあるかもしれませんが、一回慣れると朝のカサカサがなくなったり、手足の暖かい感覚が心地よく感じるようになると思います。

こんなやり方もある!?意外な乾燥を防ぐ方法

suisoiu 乾燥の気になる部屋に、水を置いておくだけでも乾燥を防げるので、加湿器でなくてもいいのです。 例えば水槽なんてどうでしょうか? 熱帯魚などのアクアリウムに興味があれば水槽を寝室やリビングに置いておくのも効果があります。 他にも水やりが必要な植物なども効果があります。 とにかく部屋の中に水気のあるものを用意すると乾燥を防げるのです。 もちろん魚も植物も毎日のお世話が欠かせませんが、癒し効果もあるのでとってもおすすめ。 部屋のアクセントにもなる上、加湿もしてくれるので一石二鳥です! ちょっとハードルが高いかもしれませんが、やってみようという方はいろいろ調べて実践してみてくださいね。

乾燥対策をして、冬を乗り越えよう

今回ご紹介した方法を見ると、乾燥対策には主に2つの方法があることが分かります。 1つはお部屋の湿度を保つ方法。もう1つは自分の体から水分が逃げないようにする方法。 乾燥の気になる部屋が特定できる場合や、家の部屋数が多くない場合は、湿度を保つようにすればよいのですが、暖房器具をずっと使用していたり、部屋が広く湿度の調整が難しい場合は、自分の保湿ケアで乾燥を防ぐようにしましょう。 自分に合った乾燥対策を見つけて、この冬を乗り切りましょう!]]>

 

あなたにぴったりなお部屋
iettyで見つけよう!

iettyを使うと

\ お引越し予定日61日前まで /

人工知能からの提案

あなたの希望条件に合った物件をAIが見つけ出します。 本格的な検討段階までに、希望条件や相場観を固めましょう。

人工知能からの提案

\ お引越しまで60日を切ったら /

経験豊富な営業マンからの提案

AIの提案に加えて、不動産のプロがご提案します。気に入ったお部屋を内見に行きましょう。

お部屋探しのプロからの提案

ご利用無料!さらに仲介手数料50%OFF