ペットは引っ越しの時どう扱う?適切なケアをしてあげよう!

引っ越しは大切なペットにとっても一大事!きちんと計画を立てて、大切に運んであげましょう!

ペットと引っ越し!

ペットにとって引っ越しは一大事。
特に、引越し当日の作業は、ペットにとって見知らぬ他人が入ってきて大きな音を立てるという、ものすごくストレスを感じてしまう事態。
現在の住居と引っ越し先が離れていない、比較的容易に行き来が可能であれば、前もってペットホテルに預けておき、引っ越し当日のストレスからペットを守りましょう。

引っ越し先が遠方で簡単に戻ってこれない場合や、ペットホテルに預けることが難しい場合は、ペットと一緒に引っ越しをすることになります。
その場合、引越し当日はペットを専用ケースに入れて、お風呂場に避難させることをおすすめします。
お風呂場であれば比較的荷物の運び出しや人の出入りも少ないため、ペットのストレスを緩和することが出来ます。

ペットと移動する4つの方法

Dollarphotoclub_100194162 (1)

ペットと一緒に引っ越し先へ移動する場合の方法は、大きく分けて4つあります。

    • ①自家用車で運ぶ

 

    • ②公共交通機関で運ぶ

 

    • ③引越し業者に依頼する

 

    ④ペット運搬専門の業者に依頼する

それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

①自家用車でペットを引っ越し先まで運ぶ

ペットと引っ越し先まで移動する方法としては、この方法がベストです。
普段と変わらない状態で移動できるので、ペットへの負担が少なく、もし途中でペットが体調を崩した場合でも、休ませながら移動ができるという点でおすすめです。
ただ、小型犬や猫などの場合であれば良いですが、水槽ごと移動が必要な熱帯魚や大型犬のように、ペットの種類によっては難しい場合もあります。

②電車などの公共交通機関でペットを引っ越し先まで運ぶ

車が使えない場合や長距離の移動の場合は、電車や飛行機などの公共交通機関を利用する方法もあります。しかしこちらも、小さいサイズに限られます。
電車などを利用する場合は、専用ケースに入れて、周りの乗客の迷惑にならないようにする必要があります。普段から乗り慣れているペットでないと、普段と違う環境がストレスになってしまい、暴れたり鳴き声をあげてしまったりするため、その場合は避けたほうがよいでしょう。

③引っ越し業者に依頼する

引っ越し業者の中には、ペットの輸送もまとめて引き受けてくれるところもあります。しかし、引っ越し業者はそもそも荷物を運ぶのが専門であり、ペットの輸送にはなれていません。また、他の荷物と一緒に運ぶため、移動環境も悪いです。そもそも、大事な家族を荷物とまとめて運ぶというのは、正直オススメできません。

④ペット運搬専門の業者に依頼する

車も公共交通機関も難しい場合は、ペット運搬専門の業者に依頼するのが良いでしょう。専門業者なので安心ですし、自分たちでは運ぶことが難しい大型の動物や、水槽などもお願いできます。
やはり値段はそれなりにかかってしまいますが、大切な家族をストレスなく運ぶためだと思えば、決して高くはないでしょう。

ペット可能物件も!チャット接客型不動産屋さんiettyならいつでもどこでも気軽に相談ができる!仲介手数料は50%OFF!

ペットの引っ越し後に注意すること

chihuahua-624924_1280

無事にペットと一緒に新居へ引っ越してこれた!でもまだ安心はできません。
人間にとっては「新しい家」でも、ペットにとっては単なる「知らない場所」。慣れるまでは帰巣本能で前の家に帰ろうと脱走してしまったり、マーキングのために壁や床に粗相をしてしまったりすることがよくあります。

まずは無理をせず、ケージやトイレなどの狭い場所から、徐々に新しい家に馴染むまで彼らのペースに合わせてあげましょう。

また、犬の場合は、住所登録をする必要があるため、気をつけましょう。
狂犬病の予防注射をした際の鑑札と注射済票、飼い主の本人確認書類を持って住所地の市区町村か保健所、あるいは、市区町村からの委託施設へ登録に行きましょう。

ペットとの引っ越しで悲しい思いをしないために、事前にしっかり準備をしておきましょう!

ペット可能物件も!チャット接客型不動産屋さんiettyならいつでもどこでも気軽に相談ができる!仲介手数料は50%OFF!

▼関連記事▼

検索 ペット 【ペット可物件でも要注意!】賃貸で猫を飼うときに気をつけたい10のポイント

一人暮らしでもペットって飼って良いの?どんなペットが飼えるの?

首都圏の賃貸物件の仲介手数料50%OFF!自分のタイミングでお部屋探し!チャットならではのメリットが沢山、iettyの使い方