【上京前にチェック!】地元とここが違う!?東京の独自ルール10コ

モンスターシティ東京でリア充に

こんにちは!ietty magazine編集部です!

上京前って、ワクワクしますよね!!
東京で暮らすことに憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか?
しかし、その分不安もあると思います。

ということで今回は!「東京の独自ルール」をご紹介します!!
楽しみすぎる方も、不安でソワソワしている方も、地元の恋人と遠距離恋愛を強いられ今後について話し合ってる方も、これを読んで都内生活のイメージをさらに明確にしてもらえたらと思います。

東京独自のルール10選

1:知り合いに会わないため、周りの目は気にしなくていい

地方出身あるあるのひとつ、「お店で知り合いに高確率で会ってしまう」は誰もがうなずくと思います。
こっそりデートするのも大変なんですよね。

しかし、東京ではそんな心配いりません!知り合いに偶然会うなんてそうそうありません。
ですので、人目を気にせず思いっきりやりたいことを楽しめます!

2:飲食店やショップが多いので、デートの場所に困らない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
周りの目を気にしなくていいのに加えて、朗報です!

地方あるある2つ目、「デートが毎回同じ場所になりがち」の悩みから解消されます。容易に想像できるかと思いますが、都内には無数の飲食店やお店、施設、イベントに溢れかえっています。

なので、デートスポット選びに困ることが全くありません
街をのんびり歩くだけでもステキな場所を見つけることができるので、デートプランがなかったとしても楽しい時間を過ごすことができます。

3:地下鉄が分かりにくい(路線図)

10765634876_29e25243eb_z
Photo by JarkkoS

東京では、現在合計62路線が開通していますが、そのなかでも16路線を占める地下鉄のわかりにくさはダントツです。

特にJR(地上)と地下鉄の両方が走る駅では、同じ駅名でも入り口がそれぞれ違うため、正しい電車にしっかりと乗るまで油断できません。同じ駅名の違う路線に乗って戸惑う外国人観光客を見かけることもしばしば。

4:新宿、渋谷、池袋など駅の中が迷路

東京迷路
新宿、渋谷、池袋の3駅は、都内主要路線を多く抱えているため、駅の規模も大きく、駅を出るまで駅の中をひたすら歩きます。そして目的の出口や乗り場を把握するのに一苦労、混雑で人を掻き分けるのに一苦労、見つけるのに一苦労と合計3苦労を強いられます。

例えば渋谷駅、地下鉄だけで18個の出口があり、簡単に地上の目的地にあがれません。「駅内での自分の道順」を早く覚えて、スピーディーに行動できるようになるととっても便利です!

5:実は隣駅が近くて歩けたりする

地元から友人が遊びに来て電車に乗っていると、ほぼみんな口を揃えて「もう次の駅なの?」言います。

東京の鉄道網においてはどの線でも1駅分の乗車時間は2〜3分なので、隣駅まで電車に乗るくらいだったら、歩いて簡単に運賃節約するのもいいでしょう。気分転換にもなります。

また、23区であれば、おそらくどこに住んでも2駅は徒歩で行ける距離にあります。
例えば「JRの駅から徒歩15分、東京メトロの駅から徒歩5分」などに住んでおくと、遊びに仕事に学校に、足がとっても軽くなりますよ。住居選びの参考にしてみてくださいね。

6:最寄駅周辺にはほぼ必ずスーパーや薬局がいくつかある

駅前
どこの駅に住んでも、生活に便利なお店は駅周辺にたくさんあります。
コンビニなんて探さなくてもフラッと歩けばすぐに見つかるはず。徒歩圏内でいくつもお店を回れるので、値比べしつつ自分のお気に入りのスーパーや薬局を早めに見つけましょう。

帰宅時間帯にお惣菜が半額になるスーパー」、「行ける曜日にセールしている薬局」などのポイントを抑えておくのもポイントです。

上京を決めたら…お部屋探しはチャット型接客のiettyがおすすめ!仲介手数料は50%OFF!

7:エリアによって雰囲気が全然違う

例えば、新宿→恵比寿を見てみましょう。
新宿駅から南へと案内します!

【新宿駅】
言わずと知れた大都会。駅から東西南北、どこに向かってもお店や施設がたくさんあります。
大学デビューをしたい人には最高の環境ですが、日常生活が新宿によって壊れることのないように注意してください。

【代々木駅】
急に会社員で溢れた雰囲気に変わります。
しかし、新宿駅・原宿駅から歩いて10分程度というポジショニングや隠れ家的飲食店の多さが魅力の街です。

【原宿駅】
代々木から少し歩くだけで、日本が世界に誇るファッションシティが現れます。
髪色・セクシャリティー・ファッションスタイル・生き方、全てにおいて刺激は留まりません。

【渋谷駅】
原宿から歩いて10分、人でごちゃごちゃしてきたらもう渋谷です。
若者がたくさん集まる喧騒のイメージがあるかもしれませんが、おしゃれなカフェやショップも密集しており、全てのニーズに応えられる街です。
また、東京屈指のビジネス街でもあり多くの企業本社が構えています。

【恵比寿駅】
渋谷から10分ほど歩くと、先ほどの人混みがウソかのように上品な雰囲気が漂ってきます。
「いつかここに住みたい!」と夢見る人も多い街です。

8:東京も少し離れると田舎

街の規模では世界の大都市にも全く劣らないモンスターシティ東京ですが、電車で30〜40分ほど郊外へ揺られると、見えてくる景色に緑が増えてきます。
でも、どこの駅周辺でも生活必需品は絶対に揃うのでご安心してください。

9:東京は駐車場付き物件が少ない(駐車場料金が高い)

駐車場
東京都全体の平均駐車場は約30,000円/月と言われています。
しかし、都心部になってくると40,000円/月は避けられない区も少なくないようです。(田舎だったら一ヶ月の家賃が払えてしまう……)

お金に余裕がないようなら、車での生活イメージは捨ててもいいかもしれません。

10:地元と比べる東京の人は冷たく見える?

東京のめまぐるしい生活の中で、みんなせかせか急いで歩いているし、街で肩がぶつかっても「すいません」と言わないことのほうが多いです。
最初は違和感のなかで生きることになるかもしれません。

しかし、みんなイライラしているわけではなく、ある意味それが「普通」なのです。
人々の態度を気にするのではなく、それが「普通」であると早く認識するようにしましょう。

まとめ

いろいろと紹介しましたが、良くも悪くも地方出身者にとって東京は、あるアーティストが歌っているように「夢が夢でなくなる」場所であり、「美味しそうな花の蜜」ばかりだと思います。

10分歩けば街が雰囲気を変わるモンスターシティで、刺激的な東京ライフを充実させてくださいね。

上京を決めたら…お部屋探しはチャット型接客のiettyがおすすめ!仲介手数料は50%OFF!

▼関連記事▼

上京引っ越しする人の悩み。費用ってどのくらい??

【実家を出たい】一人暮らしを始めるまでにかかる費用と毎月の生活費はいくら?【東京都内編】

一人暮らしのメリット・デメリットを徹底調査!

 

1 個のコメント