【実家を出たい】一人暮らしを始めるまでにかかる費用と毎月の生活費はいくら?【東京都内編】

一人暮らしを始めよう!

実家暮らしは楽だけど、一人暮らしにも憧れる・・・そんな人って結構多いんじゃないですか?

一人暮らしを始めたら実家暮らしの頃より自由度が増えますし、金銭感覚が身についたり、自炊をしようと考えている方は、料理も上手くなるかもしれません。家具も自分好みのソファやテーブルを置けて、自分だけの空間を作ることができますよね。

楽しいことがたくさん待っていそうな一人暮らし。
でも一人暮らしってどのくらいお金がかかるかわからないからやってけるのかなぁ・・・なんてなかなか踏ん切りがつかない人も多いと思います。まわりに一人暮らしをしている人がいない場合はなおさらですよね。

それだけでなく、大学や会社から家が遠いなどの理由で一人暮らしを始めなきゃいけないけど不安・・・という人のためにも、今回は一人暮らしを始めるのにどのくらいお金がかかるのかだけでなく、生活費がどのくらいかかるかまで、学生・社会人別にまるっと説明しちゃいます!

一人暮らしを始めるまでにかかる費用は?

shared-img-thumb-freee151108309478_TP_V
だいたいの家賃だけ決めて、部屋探しを始める人がほとんどだと思います。確かに自分の新しい生活を始める部屋を探すのは一番楽しみですよね。だからこそ!引越しにかかる費用を部屋探しの前にまとめて理解しておきましょう。お気に入りの部屋が見つかったのに、え・・引越しってこんなにかかるの??これじゃあこの部屋は諦めるしかない・・・なんてことにならないようにしっかり見ていきましょう。

主な費用

まず、どのようなお金がいるのかというと大きく分けて下の3つになります。

  1. 部屋を借りる費用
  2. 引っ越し費用
  3. 家具や、家電、その他の生活必需品にかかる費用

初めて引越しをする人だと、どのくらいかかるかわかりにくいと思います。
特に部屋を借りるのに必要な費用に関しては誤解している人もいるんじゃないですか?
それではそれぞれの内訳を見ていきます。

引っ越しの初期費用って?相場から裏事情まで徹底解説しちゃいます!

2016.06.16

1.部屋を借りる費用

家賃分のお金を用意しておけばいいんじゃないの?と思うかもしれません。
正直、私も全く引越しについて知らなかったときはそう思っていました・・・。
でも、部屋を借りるのにかかる費用ってけっこうするんですよね。
不動産屋などでは初期費用と呼ばれますが、その初期費用の内訳は以下のようになります。

  • 敷金・・・家賃一ヶ月分程度
  • 礼金・・・家賃一ヶ月分程度
  • 仲介手数料・・・家賃一ヶ月分程度
  • 前家賃・・・家賃一ヶ月分程度ーこれは契約した月の翌月の家賃を先に払っておくということです
  • 管理費または共益費・・・これは物件によってさまざまです。無料のところもありますが、築浅の物件になると高いところもあります。だいたい1万以内くらいと思っておくといいかもしれません。
    これは家賃に加えて毎月支払うものなので、部屋を探す時は家賃+管理費or共益費で自分の予算以内の部屋を探しましょう。
  • 賃貸保証料・・・家賃半月分が多いです。
  • 鍵交換費用・・・通常の鍵だと、20,000円弱。オートロックになると20,000〜30,000円程度
  • 火災保険料・・・約20,000円程度
  • 消毒料・・・約10,000〜20,000円程度
  • 日割り家賃・・・月途中に賃貸契約した場合の月の残りの日数分の家賃

日割り家賃の計算方法

日割り家賃について具体的に説明します。
月額家賃93,000円の部屋を借りるとします。この部屋を5月15日に契約し、19日から入居する場合、1日分の家賃は
93,000÷31=3,000円

月末までの残りの日数は13日なので
3,000×13=39,000円
が、日割り家賃となります。

この39,000円を前家賃である6月分の家賃と共に払います。
5月15に契約し、6月1日から入居する場合はこの日割り家賃はいりません。

以上が初期費用となります。これを契約時に全部払わないといけないんですね・・・。
家賃にもよりますが、だいたい月額家賃の5ヶ月〜6ヶ月分くらいを用意しておきましょう。
ただ、そんなまとまったお金用意できない・・・という人はカードで分割払いが可能な不動産会社もありますよ。

2.引っ越し費用

まず、よっぽど持っていきたいという場合以外は家具や家電は新居で揃えましょう。
荷物が増えれば増えるほど、自分では運べなくなるから業者に頼んだりしないとならなくなり費用が高くなります。
となるとダンボール数箱くらいの荷物で収まると思うので、宅配を頼んだりレンタカーを借りるとしても、10,000円ほどで済むのではないでしょうか。
実家に車があればほぼお金をかけずにできるかもしれません。

▼関連記事

引っ越し費用を抑えたい!業者に依頼と自力引っ越しではどっちがお得なの?

3.家具や、家電、その他の生活必需品にかかる費用

ここでは生活するのに最低限必要だと思われる家具や家電のみの費用でどのくらいかかるかを見ていきます。

家具

  • ベッド・・・約10,000円程度
  • テーブル・・・約5,000〜6,000円程度
  • 椅子・・・約3,000円程度
  • カーテン・・・約4,500円程度
  • 照明・・・約5,000円程度

だいたいこれくらいあればあまり不自由なく生活できると思います。特にこだわらなければ30000円程度で全部揃います。
友人に譲ってもらうのもいいかもしれませんが、運ぶのを考えると新しく買ってしまってもいいかもしれません。

家電

  • 冷蔵庫・・・約26,000円程度
  • 電子レンジ・・・約10,000円程度
  • 炊飯器・・・約8,000円程度
  • 掃除機・・・約8,000円程度
  • 洗濯機・・・約30,000円程度
  • テレビ・・・約25,000円程度

相場としてはこのくらいになります。エアコンはもともとついているところが多いので今回は省略しました。一般的に、一人暮らしに必要な家電すべてを新しく揃えるなら10万円ほどは必要といわれます。ただ、自炊をしない人は小さい冷蔵庫であればもっと安くなりますし、最近はテレビを見ない人もいますよね。自分の生活スタイルに合わせて選びましょう。

▼関連記事

一人暮らしの絶対に「迷わない家電選び」

知っておきたい!「一人暮らし用冷蔵庫」の選び方

その他の生活必需品

  • 生活用品・・・トイレットペーパー、ティッシュペーパー、ゴミ袋
  • キッチン用品・・・包丁、まな板、ボウル、調味料、フライ返し、おたま、鍋、フライパン、サランラップ、アルミホイル、食器、箸、コップ
  • 洗面台まわり・・歯ブラシ、歯磨き粉
  • バス用品・・・シャンプー、ボディソープ、タオル
  • 洗濯用品・・・ハンガー、洗剤、ピンチハンガー

当面生活していくのに、このくらいあれば十分でしょう。
合計で15,000円ほどあれば足りるのではないでしょうか。後のものは少しずつ揃えていきましょう。

▼関連記事

【これは知らなかった】一人暮らしに便利だったもの・マジで要らなかったもの12選

これで一人暮らしにかかる費用の説明は一通りおしまいです。
だいたいどんなものが必要かわかりましたか?
3つの費用を合計した相場は40〜60万円ほどになります。

ただ、家電や家具など一番お金がかさむものは、実家に余っているものや友人に譲ってもらったり、中古のものを探せばもっと安く抑えられるかもしれません。
工夫次第で相場より安く押さえられたり、分割して払うなど様々な方法があるので、お金に余裕がないという人も諦めてしまう前に、自分で必要なものなどを整理して考えてみましょう!

次のページでは、1ヶ月にかかる生活費をシミュレーションとあわせて説明します!