【これをみたら答えはでる?】更新料を払うか、引っ越すか。

引っ越しをするか更新料を払うか、どちらがオトク?

やっほー!賃貸のことなら何でも知っているいえってぃだよッ。

賃貸物件に住んでいつのまにか時間が経ち、部屋や地域に馴染んで気がついた頃にやってくるもの……それは賃貸物件の契約更新

nomoney

金欠だと苦しい、賃貸物件の更新料。特に都心では、うっかりしていると痛い出費になるよね……ッ!

「何万も更新料を払うくらいなら、いっそ引っ越してしまおうか……」なんて思う人も多いみたい。そんな読者のために、今日はいえってぃが更新と退去どちらがオトクか、徹底的に調査しちゃうよ!

賃貸更新料はどれくらいかかる?

家賃賃貸
更新料は基本的に家賃の1ヶ月分。他にも更新手数料、保証料、火災保険などを一緒に支払う必要がありますッ!

更新料

更新料は基本、家賃の1ヶ月分と事務手続きを行ってくれる不動産屋さんに支払う手数料の合計ですッ。

また契約時に支払った保証料、火災保険なども2年ごとに更新の場合が多いため、それらの料金も支払わなければいけないですッ。

保証料は家賃支払いの遅延などがなければ、もっと安くしてもらえる可能性もあるかも!?

更新料は必ず払わなければいけないの?

更新料はもともと関東圏と東海・近畿地方の一部の地域で行われていた風習のようなもの。実は法律的に支払う義務はないんだよッ!(知ってた?)

そのため、地域や物件によっては更新料を設定していない場合もありますッ。

ただし、更新料のかかる賃貸物件は契約書にきちんとその旨が書かれていて、借り主はそれに同意してサインしている場合がほとんど。

だから、いざ更新の時期が来たときに「更新料を支払う義務はない!」と言い張って支払いを逃れることは難しいんだ。

お金が苦しいけれどどうしてもその部屋に住みたいッ!ってときは、契約時に家主さんと交渉したり、更新料のかからない物件を探すべし!

引っ越しの場合はどのくらいかかる?

家賃賃貸

引っ越し業者を頼むときの費用

単身の引っ越しの場合、業者に頼むと20キロ圏内なら2~5万円ほどで済むと考えてよいでしょう!

運び出す荷物や家具の量が多い、引っ越し業者の人員を多く頼む場合は高くなっちゃうよ。
繁忙期も値上がりするみたいですッ。

退去時・入居時にかかるお金

新しい物件を契約するときにかかるお金は次の通り!

更新料

契約期間内に退去する場合、違約金を支払わなければいけない賃貸物件はほとんどないようだけれど、念のため契約書をチェックしておこう。

また、敷金は大抵の場合ほとんど戻ってくるので、そのお金を引っ越し費用に充てる人も多いみたいだよ!

結果として、引っ越すよりも更新したほうが安くなることが多いですッ!?

家主さんも、空き部屋が出るよりは長く住み続けてほしい、という考えを持っていることが大多数。だから、更新するときもダメもとで家主さんに相談してみると、オトクになっちゃうかもしれないよ~!?

退去を決めたらココに注意!

「それでもやっぱり引っ越したい……!」そう思う人もいるはず。そんなときは、次のことに注意して引っ越しの準備を始めてね!

退去の連絡を忘れない

家賃賃貸
引っ越しすることを決めたら、早めに家主さんに連絡しよう。

1ヶ月前までに連絡の場合がほとんどだけど、中には3ヶ月前までという物件もあるので注意ッ!

新しい部屋と前の部屋の家賃を1ヶ月に両方払わなくてはいけなくなっちゃうよ~!

解約予告期間内に通知をするのを忘れないこと!

更新の時期が近づくと、だいたい期日の1~3ヶ月前までに更新通知が送られてきますッ。

この期日までに解約することを伝えなければ、更新料を払わなくてはいけなくなってしまう可能性があるので気をつけて!

まとめ

初期費用は引っ越しをしたほうが高くなる可能性が高いので、更新をしたほうがかかるお金は安くなることが多いですッ。

でも、「もっと良い物件が見つかった」「2年住んだけど意外と生活しづらい」「もっと職場(学校)に近いエリアに引っ越したい」などと思ったら、更新を機会に引っ越しするのがベストタイミングじゃないかな。

フリーレントの賃貸物件を探すと、引っ越しの初期費用を安く抑えられるかもしれないよ!?詳しくは過去記事をチェックしてみてね~!