【2018版】女性がはじめて一人暮らしをするならココがおすすめ!東京の治安のいい区ベスト10

女性が一人暮らしするなら治安の良いところに住みたいですよね。
今回は女性がはじめて一人暮らしをするならココがおすすめ!東京の治安のいい区ベスト10の2018年最新版をご紹介。
2016年の女性がはじめて一人暮らしをするならココがおすすめ!東京の治安のいい区ベスト10(https://ietty.me/magazine/nice-security-ward-best-10/)から1年半でランキングは結構入れ替わっています。
住みたいエリアがランキングに入っているか、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼関連記事

【恐怖】性犯罪から身を守るために一人暮らし女性が賃貸住宅でやっちゃいけないNG行動7つ

【一人暮らしの女性はチェック】東京で暮らす女性のための賃貸物件の選び方ポイント6つ

都内で一番リッチな人が多い区は○○!23区の世帯年収を調べてみた

治安の良さはどこで判断?

治安の良し悪しは、その区でどのくらい犯罪が発生する確率があるか(犯罪発生率)を警視庁、及び東京都発表のデータを元にietty magazine編集部が独自集計しています。

▼ 犯罪発生率の計算式
・犯罪件数/母数=犯罪率
*昼間人口+流出人口(帰ってくる人)=母数
*昼間人口=常住人口+流入人口-流出人口

それではさっそく10位から見ていきましょう!

女性が安心して一人暮らしできる、治安のいい区ベスト10

10位:練馬区


ベットタウンのイメージが強い練馬区ですが、練馬駅周辺の再開発も進み、区の対策も積極的に行われていることから2018年「治安のいい区」にランクインしました。
とはいえまだまだ田園風景や再開発待ちの地域も多く、これからさらに人気になっていくこと間違いなし。
安くて広い住まいが希望の女子には今がチャンスかも。

【この区で人気の街・駅:練馬・小竹向原・石神井公園など】

■家賃相場:6.82万円
■練馬区に住むメリット:
光が丘公園など公園も多く、さらに治安が良いのでファミリー層にも人気がある練馬区。
ファミリー層の多く住むエリアなのでスーパーが点在しており、お買い物に困らないのはとっても助かります。

9位:江東区


豊洲、有明など超高層タワーマンションが大人気のエリアを抱える江東区。
しかし一人暮らしにはより西側の清澄白河、森下などが人気のようです。
特に清澄白河は東京都現代美術館、江戸資料館などがあり、隠れた「アートの街」として注目を集めています。おしゃれな雰囲気を目指す女子にオススメです。

【この区で人気の街・駅:清澄白河・門前仲町・森下など】

■家賃相場:9.18万円

■江東区に住むメリット:
憧れのタワマンの雰囲気を感じられる。アートやおしゃれなカフェが楽しめる。

8位:世田谷区


世田谷区といえばやっぱり「セレブが住む街」。このイメージに違わず高級住宅街が多く、治安も良いです。
さらに三軒茶屋や下北沢などのお洒落な人が集まるエリアです。
古着好きなら下北沢を散策すると掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。

【この区で人気の街・駅:三軒茶屋・池尻大橋・明大前など】

■家賃相場:8.17万円

■世田谷区に住むメリット:
街頭では防犯カメラの設置や警備に力を入れており、安全面の意識が高い区です。
駅から少し歩くとすぐに閑静な住宅街に入る地域が多いので、落ち着いた環境で一人暮らし生活ができます。

7位:杉並区


杉並区は中央・総武線沿いの大人気エリア。
阿佐ヶ谷・高円寺・荻窪などお買い物が楽しくなる商店街が軒を連ねています。
お洒落なカフェや、雑貨屋さん、アジアンダイニングなどお気に入りのお店を探してみてはいかが?

【この区で人気の街・駅:荻窪・高円寺・阿佐ケ谷など】

■家賃相場:7.51万円

■杉並区に住むメリット:
「荻窪」エリアは、中央線沿線の中でも人気があるスポット。駅前が充実しているので、遅く帰ってきてもゴハンに困る心配はありません。

6位:目黒区


目黒区は東急東横線沿いの洗練されたエリア。
春になると目黒川沿いいっぱいに桜が咲いてとても美しいエリアです。
カフェも沢山あるので、桜を見ながらティータイムを楽しむのもアリかもしれません。

【この区で人気の街・駅:中目黒・祐天寺・学芸大学など】

■家賃相場:9.87万円

■目黒区に住むメリット:
おしゃれな街として知られる「中目黒」は、桜の名所としても有名で、お花見の時期は人で賑わうスポットです。
特に夜桜はライトアップされてインスタ映えするのでおすすめです。
中目黒川沿いには、おしゃれなショップがたくさん並んでいるので、一人暮らしの部屋作りをおしゃれにしてくれるアイテムを見つけられるはず。

5位:品川区


品川区は大きなビルが立ち並ぶオフィスと住まいが融合したエリア。
品川駅はターミナル駅として有名ですよね。
同じく目黒駅や五反田駅も目黒区に含まれる、ビジネスの新しい中心です。
高層ビルに住みたい人にはオススメです。

【この区で人気の街・駅:目黒・五反田・大崎など】

■家賃相場:9.06万円
■品川区に住むメリット:
品川駅周辺は、大手企業や中小企業のオフィスが集まっており、サラリーマンが多いビジネス街。交通アクセスも良いのがポイント。

4位:港区


港区は青山、六本木、赤坂と高級感あふれるエリア。
港区在住というだけでブルジョア感満載です。
とはいえ一人暮らし向け物件も少なくなく、うまく探せばいい物件が見つかるかも。

【この区で人気の街・駅:品川・田町・麻布十番など】

■家賃相場:12.80万円
■港区に住むメリット:
高所得の人が住む高級住宅街が多い区。
セキュリティがしっかりしている住まいが多いので、空き巣などの被害は他の区に比べて少ないのが特徴。

3位:中央区


「治安のいい区」3位は中央区。江東区同様、勝どき・晴海などで続々誕生しているタワーマンションがマンション購入派に大人気のエリア。
一人暮らし向きの物件は多くはありませんが、月島、茅場町などで丁寧に探せば意外にお得な部屋が見つかるかも。
治安はもちろん最高クラスです。

【この区で人気の街・駅:月島・人形町・茅場町など】

■家賃相場:10.68万円
■中央区に住むメリット:
高級で買い物をする場所のイメージが強い大人な街「銀座」や、下町情緒溢れるもんじゃ焼きで有名な「月島」も中央区にあります。

2位:千代田区


丸の内、神田、霞が関など、日本の政治・経済の中心ともいえる街を抱える千代田区。
皇居も千代田区に属しており、治安の良さはある意味当然かも。
逆になかなか一人暮らしのイメージが湧きにくいエリアですが、秋葉原、飯田橋、御茶ノ水などには学生街もあり、うまくお部屋を見つけることができれば「はじめての一人暮らし」にこれほどよいエリアは他に無いかも。

【この区で人気の街・駅:秋葉原・飯田橋・御茶ノ水など】

■家賃相場:11.15万円
■千代田区に住むメリット:
23区の真ん中にあり、なんといっても皇居がある区なので、セキュリティ面は万全です。

1位:文京区


2018年「治安のいい区」ランキング第一位は文京区。
人口は増えているにもかかわらず犯罪件数が年々減少しており、区として防犯には特に力を入れていることがわかります。
もともと文京区といえば学問の街。
有名な高校、大学が密集しています。
赤門でおなじみの東京大学本郷キャンパスのある本郷三丁目が人気です。

【この区で人気の街・駅:本郷三丁目・茗荷谷・護国寺など】

■家賃相場:9.01万円
■文京区に住むメリット:
東大など学校や交番などが多いため、治安が良く住みやすい場所として常に名の挙がる文京区。
通りを1本入ると、すぐに閑静な住宅街が広がっており、とても静かなのも一人暮らしには快適なポイントですね。

区外で気になるエリアといえば?


区外で気になるエリアといえば吉祥寺じゃありませんか?
常に住みたい街ランキングで上位にいる吉祥寺は武蔵野市にあります。

武蔵野市の犯罪発生率はなんとワースト7位。
これも吉祥寺が人の集まる人気スポットだからこそ、犯罪発生率をちょっとだけ高くしているのかもしれません。
ただし、武蔵野市全体の犯罪発生率なので必ずしも吉祥寺周辺で犯罪件数が多いわけではないのでご注意を。
吉祥寺は街灯も多く、交通の便も良いのでとっても住みやすい場所ですよ。

■吉祥寺駅周辺の家賃相場:7.91万円

まとめ

女性が安心して暮らせる治安のいい区を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
住みたい街の雰囲気を歩いて確かめてみると、きっと新しい発見があるはずです。

治安の良し悪しをチェックするひとつのポイントとしては
壁への落書きや道路にゴミが散らかってないか確認するといいですよ。

希望条件のなかに「治安の良さ」も候補に入れてみるのも良いかもしれませんね!

家賃相場の情報元:
物件数No.1の不動産・住宅情報サイト ライフルホームズ
2018/02/02(金)データ。ワンルーム・1K・1DKを参考
https://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/price/
https://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/city/price/

関連記事

一人暮らしを始めるまでにかかる費用と毎月の生活費はいくら?【東京都内編】

大阪で初めての一人暮らし!治安や費用に関する不安解消します