【実家を出たい】一人暮らしを始めるまでにかかる費用と毎月の生活費はいくら?【東京都内編】

一人暮らしスタート!一ヶ月にかかる生活費は?

shared-img-thumb-freee151108088447_TP_V
一人暮らしを始めるのにどのくらいお金がかかるかはわかりましたね。

それでは生活費はどのくらいかかるのでしょう??
実家だと冷蔵庫を開ければいつも何かしらの食材は入っていますよね。でも一人暮らしだと自分で買い足していかないといけません。トイレットペーパーやシャンプーなどの消耗品も同じですね。だいたいどのくらいでなくなるかとか意識したことってあまり気にしたことないんじゃないですか?
他にも電気代やガス代といった光熱費もどのくらいかかるのか想像しにくいと思います。

生活費の内訳としては

  • 家賃
  • 食費
  • 光熱費
  • 通信費
  • レジャー費用
  • 消耗品費用

このようになると考えられます。
ただ、生活スタイルによってもかかる生活費は変わります。
今回は学生と社会人に分けて、一ヶ月の生活費がどのくらいかかるのか実際にシミュレーションしていきます!

▼関連記事

電気代・ガス代・水道代……一人暮らしの光熱費、平均はどれくらい?簡単にできる節約術もあわせて紹介! 

学生の場合(都内在住)

大学生だと、授業や部活やサークルなどがあり、なかなかアルバイトばかりもできませんよね。
となると収入は比較的限られています。アルバイトだけで生活していけるのでしょうか??

家賃:約50,000〜60,000円程度

場所によってばらつきがあるので、今回は都内で一人暮らしを始めることを想定します。
大学生が都内で一人暮らしをする場合、50,000〜60,000円代の部屋に住む人が最も多いようです。
都心に近くなればなるほど家賃は高くなるので、安く抑えたい場合は都心から離れたところを選ぶといいかもしれません。ただし、ここで気をつけて欲しいのが交通費です。社会人だと交通費を支給してくれますが、学生はそういうわけにはいきませんよね。家賃は安いけど、大学から遠すぎて交通費がかさんでしまい、結局高くついてしまったなんてことにならないようにしましょう。

食費:約20,000〜30,000円程度

学生生活の実態調査アンケートによると、一ヶ月の食費の平均は20,000〜30,000円程度だそうです。一ヶ月30,000円としても、1日に1,000円しか使っていないことになるので自炊をしている学生が多いようですね。

光熱費:約10,000円程度

季節によって差はありますが、だいたい電気、ガス、水道代すべて合わせて10,000円前後だそうです。実家で暮らしている間は0円だったと考えるとなかなか負担に感じてしまいますね。

通信費:約7,000円程度

大学生だとレポートを書いたりすることが多いので、携帯だけでなくパソコンを持つ人も増えていますね。その場合、携帯代だけでなくインターネット契約料金もいります。携帯代がだいたい6,000円前後で、インターネットもあわせると10,000円前後になります。欠かせないものとはいえ結構高いですね。複数回線契約している人は一つにしたり、インターネット無料の部屋を探してみるのもいいかもしれませんね。

▼関連記事

一人暮らしを始める前に知っておきたい!ネット環境の選び方

レジャー費用:約20,000円程度

友人と遊んだり、服や趣味に使ったりするお金ですね。男女で差もあるかもしれませんが、平均的には20,000円ほどを使っている人が多いみたいです。

消耗品費用:約3,000円程度

今までは考えたこともなかった部分ですよね。月3,000円ほどかかるようです。セールなどを狙ってなるべく安く抑えたいものです。

合計:約123,000円程度

これらのお金を合計すると約123,000円。
バイト代だけでやりくりしようと思うとなかなか大変そうですね。

実際、奨学金や仕送りをしてもらって生活している人が多いみたいです。
パソコンは学校のものを使ったり、自炊を多くしたり、エアコンをあまり使わないようにするなどして節約しながら生活するともう少し安く抑えれるかもしれませんね。

▼関連記事

【一人暮らし】『自炊or外食』どっちがお得なのか調べてみた。

【一人暮らし必見】節約しながら、美味しいご飯が味わえる「自炊術」

一人暮らしの自炊は「週末作り置き」がカギ!かんたん節約レシピまとめ36選

社会人の場合(20代:都内在住)

20代の男女の平均収入はだいたい月20万前後。大学生よりはお金に余裕がありそうですね。
それでは一つずつ見ていきます。

家賃:約70,000円程度

家賃の平均は70,000万円前後になるようです。よく、家賃は収入の3分の1程度が無理なく住めると言いますが、やはりそのくらいを家賃に当てるみたいですね。

食費:約50,000円程度

データによっては月平均は28,000円となっているようですが、これは自炊をしっかりしていたり、実家住まいなどでないと、現実的に厳しい金額です。社会人になると飲み会などもありますし、外食も学生食堂のように安くすませることも難しいためです。実質、都内に一人暮らしをしている社会人の平均としては50,000円くらいでしょうか。。

光熱費:約10,000円程度

こちらは学生時代とあまり変わらず、10,000円前後が平均のようです。

通信費:約10,000円程度

こちらも変わらず10,000円前後。ただ今時は社会人の方がパソコンやスマホは欠かせないのでインターネット回線を利用している人は学生より多いようです。

▼関連記事

一人暮らしを始める前に知っておきたい!ネット環境の選び方

レジャー費用:約40,000円程度

だいたい40,000円弱をレジャー費用に当てているみたいです。学生の頃よりはずっと余裕をもてますね。

消耗品費用:約3,000円程度

学生と変わらず3,000円ほどになるようです。光熱費や通信費、消耗品の費用は人数が増えたり、贅沢をしない限り変わらないみたいですね。

合計:約183,000円程度

これら全部合わせると183,000円。親に仕送りをしようと考えている人はけっこうぎりぎりになってしまいそうですね。レジャー費用や食費を抑えて貯金にあてる人も多いようです。

まとめ

一人暮らしを始めるのにかかるお金から、一ヶ月にかかるだいたいの生活費を見てきましたがいかがでしたか?一人暮らしを始めたい人はだいたいこのくらいお金を貯めれば引越しできるということがわかって、貯金もしやすくなるのではないでしょうか。また、今回ご紹介した一般的な生活費と自分の生活スタイルを重ね合わせることで、より具体的な毎月の予算を考えることができますね。なんとかお金を貯めて一人暮らしを始めたのに毎月のお金がおもったよりかかってしまい、全然一人暮らしを満喫できていない!なんて嫌ですもんね。
上手にお金をやりくりして、一人暮らしで自分だけの新しい生活を始めましょう!

▼関連記事

大阪で初めての一人暮らし!治安や費用に関する不安解消します

少しでも安く引っ越したい!!賃貸物件の仲介手数料が半額になる不動産屋さんietty(イエッティ)