宅配ボックスのある賃貸物件が便利すぎる7つの理由

宅配ボックスのないマンションなんて……!

「宅配ボックス」をご存知ですか?
最近ではヤマト運輸もオープン型宅配ロッカー「PUDOstation」の運用を始めたことなどで話題を集めていますね。

ということで今回は、宅配ボックスのある賃貸物件のお話です!

宅配ロッカー賃貸
特に仕事で忙しい独身さん、講義やアルバイトで忙しい一人暮らし学生さんは参考にしてみてください!

賃貸物件で宅配ボックスがあった場合のメリット7つ

1:通販の受け取りも楽々

賃貸宅配ボックス
Ama●on楽●通販など、なんでもインターネットで買える時代。

でも通販サイトを利用するなら、受け取りが必要ですよね。
宅配ボックスがあれば、平日の昼間や自分がいないときに、宅配ボックスに預けておいてもらって帰ってきてすぐに受け取ることができます!

2:その日料理する食材の受け取りも可能

賃貸宅配ボックス
生●コープやヨ●ケイなど食材宅配系サービスだって楽々利用できちゃうんです!
宅配ボックスの中に入れてもらえれば、留守でも安心。「毎日仕事帰りに買い物めんどくさい…!」という方にもおすすめです!

3:クリーニングの受け取りもできる

賃貸宅配ボックス
クリーニングって、服を出したら受け取りに行かなければならない点が少し面倒ですよね……。
でも宅配ボックスがあれば、クリーニング仕立ての綺麗な洋服を好きな時間で受け取ることが可能になるんです!

4:セキュリティ的にもOK!

賃貸宅配ボックス
野ざらしで荷物を外に置いておくなんて論外!
宅配ボックスの製品にもよるけれど、コントロールセンターから遠隔監視されている高度な宅配ボックスが増えているのをご存知ですか?
大切な荷物を守るセキュリティとしても、宅配ボックスは大活躍しています!

5:しかも24時間対応!

賃貸宅配ボックス
宅配ボックスは24時間働けます☆
夜中の2時に受け取ろうが、朝9時に受け取ろうが、アナタの自由。

6:再配達の手間要らず!

賃貸宅配ボックス
宅配ボックスがないと不在票が入って、後日受け取るパターンが多いですよね。
宅配ボックスがあれば、再配達の手間もいらず、配達員さんも楽々です♪

7:クーリングオフの証拠にもなる

賃貸宅配ボックス
製品によっては、預かり機能だけじゃなくて、宅配ボックスに入れられた荷物の日付時刻が端末にデータ記録されるものもあるんです。

居住者が受け取った荷物をクーリングオフしたくなった場合、日付が証拠となるケースもあるので、この機能は便利かもしれませんね!

デメリット

管理費の問題

24時間働いてくれる管理ボックス。実はコレ、タダではないんです…。

大家さんにとっても宅配ボックスは、導入費用や管理費用(修理費やクリーニング代など)がかかるもの。
その分入居者が払う月々の「管理費」にプラスされているのがほとんどだから、宅配ボックス付きの物件は管理費とのお付き合いは避けられないかもしれません。

おわりに

一軒家にも設置する人が増えている?!

今回は「賃貸物件で宅配ボックスがあった場合の利点」を紹介しました!

実は持ち家の人や一軒家でも、宅配ボックスを取り入れている家庭が増えているんです…!
共働き世帯さんにも好評!

近年は、

– クレジットカードの決済システムがある宅配ボックス
– 書留郵便物にも対応したボックス
– 荷物を宅配ボックスから発送できるサービス

上記のような宅配ボックスや住宅サービスもあったり多種多様になってきています。

「一度使うとなくてはならない存在になる」とも言われるほど便利な宅配ボックス。
お部屋探しの際には「宅配ボックス」も条件に入れて検討されてはいかがでしょうか?

▼関連記事▼

【包み隠さず教えます】宅配ボックス初心者のために「仕組み」と「使い方」を解説してみた

首都圏の賃貸物件の仲介手数料50%OFF!自分のタイミングでお部屋探し!チャットならではのメリットが沢山、iettyの使い方