【一人暮らし必見】節約しながら、美味しいご飯が味わえる「自炊術」

「節約」という言葉、一人暮らしの人はよく耳にするワードではないでしょうか。節約と言われてパッと思い浮かぶのは食費だと思います。そもそも、食費は一ヶ月でどのくらいかかっているのでしょうか。どうすれば、食費を減らすことができるのでしょうか。一人暮らしの人が抱いている素朴な疑問を解決したいと思います!

一人暮らしの食費ってどのくらいかかる?

business-861325_640
一人暮らしを始めると、節約をせざるをえなくなる時が必ずと言って良いほど来ます。収入と比べて支出が増えてしまうことが多いからでしょう。節約を始めるとなったときに、削減しようと思うのは「食費」だと思います。そもそも、一人暮らしの食費の平均っていくらくらいなのでしょうか。節約するコツはあるのでしょうか。
▼関連記事
『自炊or外食』どっちがお得なのか調べてみた。

一人暮らしの食費って1ヶ月平均でどのくらいかかる?

社会人の場合

社会人の場合

外食の多さや、普段の仕事量により大きな差がありますが、平均すると3万円から5万円と言われています。社会人は職場がビジネス街にあることが多く、どうしても昼食にお金がかかります。また、立場の問題からあまり質素な食事にすることも現実的でなく、学生よりも多額になります。営業職では仕事上の飲み会もあり、実質的にどのくらいかかっているかを把握しにくいところではあります。

学生の場合

学生の場合

およそ2万円と言われています。食べる量は社会人よりも多いですが、賄いがあるアルバイトをしていたり、実家から食材や缶詰などが送られてくるケースが少なからずあることから、平均値が低くなります。いわゆるタダでもらえるものを除いた金額を計算すれば、平均値は大きく変化するでしょう。また社会人ほどストレスが溜まる立場ではないことから、飲酒をすることも少ないですし、食事の面で無理をしてもダメージがあまり大きくない特徴があります。

食費の目安ってどれくらい?

pie-chart-153903_640

食べることに関する費用を収入で割った数値をエンゲル係数と呼びます。この数字は生活に余裕がある人ほど低くなります。理想は15~18%ですが、無理にその数値に近づけなくても問題はありません。あくまでも健康に留意した上で節約するコツは、自炊を行うことです。特に社会人の方は時間がなくて難しいですが、手間もかからず、手っ取り早く効果が出る方法があります。それはご飯を炊き、お茶を沸かすことです。まずはこれだけで構いません。この2つだけを徹底すれば、夜中にコンビニや自動販売機で高い飲み物を買うことがなくなり、自炊をしていなくても買うのはおかずだけになります。これだけで簡単に1ヶ月1万円近く変わるでしょう。
▼関連記事
電気代・ガス代・水道代……一人暮らしの光熱費、平均はどれくらい?簡単にできる節約術もあわせて紹介!

一人暮らしを賢く始めるなら仲介手数料半額のチャット型不動産ietty

一人暮らしの美味しいご飯を節約しながら自炊する6つの方法

soup-1006694_640
食費を節約するために、「自炊」は欠かせないことの一つです。料理に使う食材を安くすませればいいというわけではありません。もちろんそれも一つの手段ですが、料理を作る前にできる節約術があるのです。

一週間単位で予算を決める

time-481448_640
効率的に自炊を行うには、一度に作るロットを大きくするのがポイントです。一週間に使う具体的な金額を決めることよりも、予算を決めることで一週間の食事の内容が決まることに意義があります。例えばカレーや煮物を一度に大量に作り、それを順番に食べていけばかかるお金は少なくて済みますし、毎週メニューを変えれば栄養の偏りもありません。まずは予算に基づいたメニューを立案してみましょう。

近くのスーパーを下調べ

supermarket-949913_640
都会に住んでいる方は、家の近所にスーパーがいくつもあるはずです。いつも一番近いところではなく、様々なスーパーで買い物をしてみましょう。各々のスーパーには特色があり、生鮮食品の鮮度が良いところ、とにかく安いところなど違った魅力があります。その中でメインとなるスーパーが決まれば、次は安売りのタイミングを把握します。チェーンにより安売りをする曜日は異なり、毎回安いタイミングで食材を購入できれば、1年も経つと大きな差になります

腐らせない量を考える

refrigerator-359615_640
せっかく作ったものを腐らせるのは自炊をする上で最大の愚行です。作ったものが腐るタイミングがわからないうちは、冷蔵庫のスイッチを強にしましょう。慣れてくると少しずつわかってきますので、食べる量を計算して作ることができるようになります。また、ドアポケットは非常に腐りやすい位置ですので、作ったものは小さくても冷蔵庫の奥に入れましょう

冷凍保存を活用しまくる

raspberry-683053_640
冷凍保存をすると、基本的に腐敗が進行しません。極端な話では作ってから数ヶ月経ったものでも食べられます。しかし味や栄養の面から、やり過ぎは好ましくありません。しばらく忙しくなるようなときに活用しましょう。マメ知識として、特にご飯を冷凍するときはラップで完全密封すると、解凍したときに食感が落ちません。
▼関連記事
知っておきたい!「一人暮らし用冷蔵庫」の選び方

麺類は時短になる

spaghetti-569067_640
麺類は強い味方です。炭水化物ですので、ご飯と同じように何でも合いますし、チルドのそばやうどんは茹でなくても食べられるものがあります。お腹いっぱい食べても100円もかかりません。非常に便利な食材ですが、麺類に偏らないように心がける必要があります。
収入を上げることが大事ですが、健康に気を付けながら無駄な支出を減らし、有意義なお金の使い方をしましょう。きっと世界が広がります。

一人暮らしで美味しくてお安い、オススメな食材7選!

paprika-1276828_640
一人暮らしのとき、必ず出て行く出費の一つに「食費」があります。食べるものについての出費はとても重要なものなのですが、節約をしたいという人ならば工夫して安くできる出費でもありますよね。でも健康やカロリーを考えると、そう簡単に安くばかりもできないものです。
そんな一人暮らしの食事では、食材などで工夫すると出費も減らせます。食材選びを中心に、レシピなども工夫してみていきましょう。

主食はお米


まず、基本となるのは「お米をメインとした食事にする」ということです。
普通のご飯もできますし、雑炊やおかゆなどアレンジが豊富で、冷凍保存もできます。パスタやパンも冷凍保存できますが、ご飯にすると量を調整しやすくなり、コストも安くなるためです。
また、冷蔵庫の中身が空でも、最悪でも塩や味噌などの調味料だけでも十分美味しく食べることができます。いざという時ならば、塩おにぎりだけでも空腹はしのげます。

肉なら鶏胸肉


お肉は牛肉や豚肉も美味しいのですが、メインとなるのはやはり鶏肉、それも安い鶏胸肉です。
鶏胸肉はそのまま普通に調理するとパサパサした食感があり、なかなか苦手な人も多いお肉です。ですが、工夫すれば美味しく食べられますし、レシピ次第ではゴージャスなメニューにすることもできます。
また、分けて冷凍したり、焼いた状態でほぐして冷凍するなど、たくさんの保存方法もあります。そのままでも十分美味しくなるのですが、味をつけるなど工夫すれば安くて良い料理になるでしょう。

栄養も取れる豆腐・納豆


また、豆腐や納豆などの大豆加工品もかなり重要です。
大豆加工品となる豆腐や納豆はタンパク質が多く、タンパク質不足で体の調子が悪いときにも向いています。それぞれ小分けになっているので分割して使いやすく、醤油やタレをかけるだけで簡単に食べられるのでおかずを簡単に増やしたいときにもいいでしょう。
日持ちはそれなりですが、調理をすれば更に長持ちできます。

卵は常備


卵は値段が安く、たくさん用途があるというのがメリットです。
買ってきて数日ならシンプルに卵をかけてたまごかけごはんにしてもいいですし、ゆで卵にして保管してもいいですね。賞味期限が過ぎてもしっかり加熱すれば食べられる事が多いので、いつも冷蔵庫に常備しておきたい食材です。
卵に関しては特に特売の安い日を狙ったり、もとも安いお店を狙うと安く購入できるでしょう。

果物はバナナ


果物はビタミン豊富でデザートや間食にもなりますね。基本的にはバナナがおすすめです。
バナナはいつの季節にもあり、値段も安く、購入しやすくなっています。そのまま食べてもいいですし、ミキサーで牛乳と一緒にジュースにする方法もあります。皮ごと持ち歩いてお弁当のデザートにもいいですね。

かさ増しにも使えるもやし


もやしも価格が安く、いろいろな用途に使えます。炒め物や煮物、焼き物などにアレンジできますし、味噌汁の具などにもできます。かさ増しならラーメンの具やハンバーグにすると満足感も増えるでしょう。

お茶は家で作る


ペットボトルで購入すれば手軽なお茶も、家で作れば驚くほど安くなります
水道代と茶葉の代金さえあれば大量に作れますし、ペットボトルを買うのよりもだいぶ節約になります。徹底的に節約したいときは、ボトルにお茶を詰めると出先でドリンクを買わなくていいですね。
▼関連記事
【作り置きに最適なおかずも紹介】一人暮らしにおすすめの簡単&節約レシピ
一人暮らしの自炊は「週末作り置き」がカギ!かんたん節約レシピまとめ36選

節約レシピ満載おすすめサイト3選

節約をしたいのなら活用したいのがレシピサイトです。いろんなレシピがあり、節約食材を使ったレシピも多くなっています。

クックパッドの節約レシピ

p
クックパッドはレシピサイトの中でも最大規模のサイトで、いろいろな節約レシピがあります。レシピ数が多く、人気のレシピならば美味しい料理ができますよ。いろいろなレシピがありますので、食材名などで探すと節約レシピがヒットします。

NAVERまとめの節約レシピ

p
NAVERまとめは様々な情報をまとめたサイトで、いろいろなサイトに掲載されている節約レシピをまとめたものが多くなっています。ある食材を今日はどう調理しようと迷うときや、食材での料理のレパートリーを増やしたいときなどにおすすめです。

楽天レシピ

p
楽天レシピはプロから一般の主婦まで、様々なレシピがあり、もちろん節約レシピも多くあります。楽天系列なので、いろいろな商品とのコラボやキャンペーンも積極的に行われているようです。

まとめ


「自炊」の節約術いかがでしたか?
料理を作る過程から意識をして節約をしておけば、意外としっかりとした美味しいご飯を食べることができますよ。
自分にピッタリ合って、お得感のある節約術をぜひ実践してみてください。

一人暮らしを賢く始めるなら仲介手数料半額のチャット型不動産ietty

関連記事

一人暮らしを始めるまでにかかる費用と毎月の生活費はいくら?【東京都内編】

【一人暮らしの神グッズ】台所と部屋を快適に!便利すぎる100円グッズまとめ20選

貧乏な一人暮らしもこれなら役立つ!「一人鍋」レシピまとめ100選